行事案内

早春を告げる奈良年中行事

当寺では、毎年二月と三月の初午の日に、この霊験あらたかな秘仏聖観世音菩薩を開扉し、盛大に会式をおつとめいたしております。当寺は古くから『鍵元の寺』と称され、慈眼寺の初午がすまないことには、諸社寺の会式が始まらないとも言い伝えられております。毎年多くの方々にご参詣頂きまして、近隣の奈良、木津、精華、郡山、生駒の方々はもとより、大阪、京都や三重、さらに全国各地の方々のやくよけ(厄払い)祈祷をさせて頂いております。

 

行事案内(平成29年)

催事名日程時間概要
初午法要平成29年2月12日(日)午前8時~午後7時秘仏聖観世音菩薩を開帳し、やくよけの法要を行います。
二の午法要平成29年3月8日(水)午前8時~午後7時秘仏聖観世音菩薩を開帳し、やくよけの法要を行います。
施餓鬼法要毎年8月22日 お盆のご先祖供養
十夜・柿供養まつり平毎年11月13日 樹齢400年の柿の木の実を仏前に供え、五穀豊穣を祈ります。